【3分で企業研究】住友化学ってどんな会社?気になる年収・採用情報

キャリアアップ

住友化学は総合科学メーカーの中でも国内売り上げ2位の実績を誇ります。

総合科学メーカーはホワイトな会社が多く、その中でも住友化学は有給取得平均が高く、平均年収950万円以上(平均41歳)とかなり優良企業です。

・総合科学メーカーに魅力を感じている

・就活、転職で住友化学を受けようか悩んでる

そんな、就活生・転職活動中の方に向けて「簡単にわかりやすく企業研究」できる様に情報をまとめました。

住友化学を一言で

国内売り上げ2位の総合科学メーカー。グローバル展開が進んでいて、石油化学事業は海外注力。車載向けリチウムイオン電池のセパレーターは世界でも首位。農薬事業は国内1位。

住友化学の概要

企業情報

会社名住友化学株式会社
(SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED)
創業1913年9月22日
営業開始1915年10月4日
設立1925年6月1日
本社所在地(東京)〒103-6020
東京都中央区日本橋2丁目7番1号 東京日本橋タワー(総合受付:7階)
(大阪)〒541-8550
大阪市中央区北浜4丁目5番33号 住友ビル
代表者代表取締役社長 社長執行役員 岩田 圭一
資本金89,810百万円 (2022年7月22日現在)
決算期3月31日
事業部門エッセンシャルケミカルズ部門、エネルギー・機能材料部門、情報電子化学部門、健康・農業関連事業部門、医薬品部門、その他
従業員数単体 6,488名 (2022年3月31日現在)
連結 34,703名 (2022年3月31日現在)
連結子会社数210社 (2022年3月31日現在)

採用情報

2022年度時の情報を示しました。上述した通り、総合科学メーカーの中でも平均年収が高く、有給取得日数が多いです。

業界の中でもホワイト企業であり非常に魅力的な企業です。

採用人数(修士・大卒)106人
有給取得年平均14日
平均年収(平均41歳)970万円
残業(月平均)20時間
初任給博士 296,000円
修士 257,100円
大卒 234,800円

企業理念

住友化学は、400年近くの歴史を持つ「住友家」の事業を根源としています。

住友の事業精神は「自利利他 公私一如(じりりたこうしいちにょ)」。「住友の事業は、住友自身を利するとともに、国家を利し、かつ社会を利するものでなければならない」という意味になります。

この事業精神を継承し、住友化学は以下の3つの経営理念を掲げています。

  • 1. 技術を基盤とした新しい価値の創造に常に挑戦します。
  • 2. 事業活動を通じて人類社会の発展に貢献します。
  • 3. 活力にあふれ社会から信頼される企業風土を醸成します。

グローバルへの展開

住友化学は早期からグローバル展開を進めてきたメーカーです。

1971年に、シンガポール政府から協力要請を受けたことをきっかけに始まった「シンガポール石油化学プロジェクト」。1984年に本格操業を開始しています。

また、1988年はアメリカにベーラントU.S.A社を設立、世界最大の農薬市場に参入。こうしたグローバル化への積極的な取組から、海外には75拠点有り、住友グループの海外売り上げ比率は6割以上にまで及んでいます。

住友化学の地域別売り上げ情報
参照:住友化学レポート2022

住友化学の事業内容

住友グループの全体像

住友化学は総合メーカーであり、非常に幅広い分野に貢献しています。5つの部門を柱としており、その部門は以下の通りです。

  • エッセンシャルケミカルズ
  • エネルギー・機能材料
  • 情報電子化学
  • 健康・農業関連事業
  • 医薬品

収益の柱の1つである農薬は国内最大手であり、海外展開を拡大しています。また、自動車関連についてはリチウムイオン電池用のセパレータは世界でも上位

サステナブルな社会の実現に向け、環境負荷低減、ヘルスケア、食料、ICTを中心に注力しています。

以下に住友グループの売り上げ収益の内訳を示しました。

参照:住友化学レポート2022

エッセンシャルケミカルズ

主な事業は以下の3つです。

  • ポリオレフィン事業
  • メタアクリル事業
  • ライセンス・触媒事業

製造拠点は日本・サウジアラビア・シンガポールに拠点があります。

それぞれの拠点の強みを活かして、ポリエチレン、ポリプロピレン、メタクリル樹脂などの合成樹脂。合成繊維原料、各種工業製品を提供しています。

エネルギー・機能材料部門

主に以下の4つの事業に分かれます。

  • 機能樹脂事業
  • 化成品事業
  • 無機材料事業
  • 電池部材事業

省エネルギー製品に利用されるアルミナ等無機材料や高性能な高分子添加剤。

また、電子部品・次世代自動車に用いられるスーパーエンジニアリングプラスチックスや、リチウムイオン電池用の部材等を製造。

環境負荷低減や省資源・省エネルギーに貢献する機能化学品について幅広く展開しています。。

情報電子化学

  • 半導体材料事業

液晶や有機ELのディスプレイに使われる光学機能性フィルム、タッチセンサーパネル、カラーレジスト、高分子有機EL材料等。半導体製造の工程で使用されるフォトレジストや高純度薬品。

そして通信端末のアンテナスイッチなどに使われる化合物半 導体材料。IoT時代を支える製品を幅広く展開しています。

健康・農業関連事業

  • 農業関連事業
  • 生活環境事業
  • 飼料添加物事業
  • 医薬化学品事業

農作物の安定的な供給、世界の人口増加に対応するための食糧増産、感染症の まんえん防止、衛生的で健康な生活の実現などへの貢献目指し、農薬や肥料、飼料添加物の製造・販売。

更に、家庭用殺虫剤、感染症対策製品、医薬品原薬・中間体なども展開しています。

医薬品部門

  • 医療用医薬品
  • 診断用医薬品
  • CDMO(製法開発・製造受託)事業

住友化学は、日本で初めて有機合成技術を基盤とした、合成医薬品を製造しました。

現在は住友ファーマ株式会社が医療用医薬品事業を中心とし、日本メジフィジックス株式会社が放射性医薬品事業を中心。この両社を軸に事業を展開しています。

コメント