【誰でも簡単】ETFと投資信託の違い!どっちがお得?

キャリアアップ

・ETFと一般的な投資信託どっちに投資しようか悩んでる。

・そもそもETFと投資信託って何が違うの?

この記事では、ETFと一般的な投資信託の違い・それぞれのメリットとデメリットを解説しています。誰でも簡単にわかる様にご紹介!

ETFを一言で

ETFは株価指数(「日経平均株価」や「東証株価指数」など)などの指標への連動を目指している商品です。ETFも投資信託の一種ですが、証券取引所に上場しているため株式と同じ様に取引ができます!

ETFと投資信託の違い

ETFも投資信託の一種です

実はETFも投資信託の一種です。下の図に示している様に、投資信託は「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2つがあります。

そして、更にこの「インデックスファンド」と「アクティブファンド」はそれぞれ「非上場」と「上場」に分かれます。

一般的に、この「非上場」のものを投資信託と呼び、「上場」したものをETFと呼びます。

投資信託の種類

Tips

インデックスファンドは「日経平均株価」や「東証株価指数」などの市場に連動した収益を目指すもの。アクティブファンドは市場平均以上の投資収益を目指すファンドのことを言います。

以下の記事でインデックスファンドについて詳しく解説しています。
【初心者必見】なぜ人気?インデックス投資がおすすめな理由

リアルタイムで取引可能

ETFとは「Exchange Traded Fund」の略称で、日本語では「上場投資信託」です。

一般的な投資信託と異なり、ETFは証券取引所に上場しているため株式と同じ様にリアルタイムで取引ができるのが特徴です。

また、投資信託の場合は、それぞれの基準価格(価格)は1日1回決まる仕組みになっています。これに対し、ETFは株式の様に取引ができるため、その時の市場価格で取引することができます。

手軽に分散投資可能

長期的な資産運用は、投資先を分散してリスクを減らすのが基本です。

ETFの多くは株価指数等の市場と連動をしています。そのため、ETFを一つ買えば、その指数を構成している複数の銘柄に対して、同時に投資することができるわけです(これはETFだけでなく、インデックス型の投資信託も同様です)。

初心者でもわかりやすく、低リスクに分散できるのが特徴です。

コストが安い

ETFと投資信託を比較すると、ETFの方が購入時、保有時共にコストが安いと言ったメリットがあります。

特に、長期運用の場合は保有時のコスト(信託報酬)はバカになりません。ETFは投資信託と比較してこの信託報酬を半分〜1/4程度に抑えることができると言われています。

分配金を自動で再投資することはできない

一般的な投資信託は、支払われる分配金を再投資することができます。しかし、ETFはそう言った仕組みがないため、分配金は決済時に分配されます。

そのため、分配金を再投資したい場合は手動で新たに購入する必要があります。一方、その都度分配金を受け取ることができると言うことは、その時に一番良いと判断した銘柄を自身で再投資できる、と考えることもできます。

ETFと投資信託の比較まとめ

ETFと一般的なETFの違いを以下の表に示しました(比較のため、併せて株式も載せています)。

ETFと投資信託のメリットデメリット

今までの内容をざっくりとまとめると以下の通りです。

ETFと投資信託の違い

・ETFは株式と同じ様に、その時々の市場価格で購入可能

・ETFは投資信託と比較して運用管理費用(信託報酬)が安い。

・ETFと投資信託はどちらも手軽に分散投資可能

・ETFは分配金を自動で再投資できない

ETFと投資信託どっちがおすすめ?

ETF、投資信託どちらも「手軽に分散投資できる」という点では非常に魅力的な商品です。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが良いかは難しい問題です。ご自身の投資スタイルに合う方を選ぶのが一番だと私は考えます。

低コストで機動的に投資をしたい人はETF

市場を見ながら、リアルタイムに取引をしたい人はETFがおすすめです。投資信託に比べてコストも抑えることができます。

こんな人におすすめ

・市場を見ながらリアルテイムで取引したい人

・より低コストで運用したい人

・投資に慣れてきて自身で色々試してみたい人

・長期投資をしたい人

ETFを購入する際のおすすめの銘柄は以下に示しました。

ほったらかし投資をしたい人は投資信託

投資信託はETFよりコストがかかるとご説明しましたが、「インデックスファンド」はひと昔前に比べてかなりコストも安くなっています。

リアルタイムに市場を追うのではなく、長期的にほったらかし投資をしたい人には投資信託をおすすめします。

こんな人におすすめ

・手軽に積み立て投資をしたい人

・積み立てNISAやiDeCoを活用したい人

・毎日市場をチェックする暇がない人

・長期投資をしたい人

投資信託を購入する際のおすすめの銘柄は以下に示しました。

コメント