ネイティブに聞いた 「Ask、Question、Inquire」の違い「尋ねる、質問する」を表す単語を徹底解説

この記事を書いた人

総合化学メーカーで研究開発・新規事業開発を担当。

化学や事業開発に関する情報を「分かりやすく、深く理解できる」ことを目指して発信中。

昨年は葛藤の中転職活動を行い、最初は苦労するも自らの視座が高まったことから転職活動についても積極的に情報発信しています!

👉【体験談】30代で大手化学メーカー研究職に転職!年収300万UPできた理由

図解で文法解説

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

英語には日本語訳は同じでも、使い方が異なる単語・表現が数多くあります。

今回は日常会話でも頻繁に登場する、「尋ねる、質問する」を表す、「Ask、Question、Inquire」の違いについて解説します。

英語の上達にはこういった表現のニュアンスを理解することは重要ですので、是非参考にしてください!

記事の信頼性

わかりやすさと情報の情報の正しさを追求するため、アメリカ人の同僚と議論した上で執筆しています。

スポンサーリンク

Ask、Question、Inquireの違いを1分で理解しよう!

これらの単語はすべて質問や情報を求めるために使われますが、使い方と文脈によって意味が微妙に変わります。

「Ask」は一般的な言葉で、誰かに情報を求めたり、何かを頼むときに使います。

「Question」は通常、特定の問題や疑問点について話すときに使います。

「Inquire」は、フォーマルな状況で使われ、公式な調査や詳細な情報を求めるときに用いられます。

スポンサーリンク

例文を使って違いを理解しよう

  1. “Ask”
  • “Can I ask you a favor?”(お願いしてもいい?)
  • “She asked him about his day.”(彼女は彼に彼の一日について尋ねた。)
  • “I asked for a glass of water.”(私はグラスに水を頼んだ。)
  1. “Question”
  • “I have a question about the homework.”(宿題について質問があります。)
  • “The detective questioned the suspect.”(探偵は容疑者に質問した。)
  • “His honesty was called into question.”(彼の誠実さが疑問視された。)
  1. “Inquire”
  • “I would like to inquire about the status of my application.”(私の応募の状況について問い合わせたい。)
  • “The police are inquiring into the incident.”(警察はその事件について調査している。)
  • “We received several inquiries about our new product.”(新製品についていくつかの問い合わせがありました。)
スポンサーリンク

フォーマルな場合はどれを使うのが適切?

フォーマルな状況では、「Inquire」が最も適切な選択肢となります。しかし、「Ask」や「Question」も適切な文脈で使用することが可能です。

その他の似た英単語を紹介

ある特定の状況で使用されます。これらの単語も使用するときは、適切な文脈を考慮することが重要です。

  • “Query”
    • “The server sent a query to the database.”(サーバーはデータベースにクエリを送信した。)
    • “We received a query from a client about the contract.”(クライアントから契約についての問い合わせがありました。)
  • “Interrogate”
    • “The police interrogated the suspect for hours.”(警察は容疑者を何時間も尋問した。)
    • “The lawyer interrogated the witness on the stand.”(弁護士は証人台に立った証人を尋問した。)

まとめ

“Ask”、”Question”、”Inquire”、そして他の類義語はすべて質問をするときや情報を求めるときに使いますが、それぞれが適している文脈や状況が異なります。

「Ask」は最も一般的で、日常的な状況でよく使われます。

「Question」は特定の問題について話すときに使い、「Inquire」はよりフォーマルな状況や詳細な情報を求めるときに使われます。

そして”Query”と”Interrogate”も同様に特定の状況で使用されます。

これらの単語を使うときは、文脈を考慮し、最も適切な単語を選択することが重要です。

それぞれの単語がどのような状況で使われるかを理解することで、英語の表現がより豊かで適切になります。

+α おすすめ英語学習法 どんどんアウトプットしよう!

今回のように英語の勉強をする上でインプットをするのは非常に重要です。

しかしそれ以上に大事なのは、インプットしたことを実際に使用するアウトプットです。

その方法で私が最もおすすめするのが、オンライン英会話の利用です。

今回紹介したような内容もどんどんアウトプットし、オンライン英会話を通じてフィードバックをもらうことで、本当に使いこなすことができます。

しかし、オンライン英会話のサービスは数多く存在し、サービスにもかなり品質の差があるのが事実です。

その中で私が最もおすすめするのが「ネイティブキャンプ」です。

ネイティブキャンプの魅力は、一日何度でもレッスンを受けられるという点にあります。(他のサービスでは基本的に一日一回が限度です)

そのため、何回でも集中してレッスンを受けることも可能です大変おすすめです。

以下にネイティブキャンプの公式サイトも貼っていますので是非参考にしてください!

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

コメント