誰でもわかる【バイオプラスチック】プラスチックの基礎

プラスチック・樹脂

海洋プラスチックや、マイクロプラスチックが問題視される昨今、「環境に優しいプラスチック」を使用する動きが増えています。

環境に優しいプラスチックとして、「バイオプラスチック」という単語を聞いたことがある方も多いと思います。

あまり馴染みのない方は、「バイオプラスチック=自然界で分解されるプラスチック」と認識されている方もいらっしゃるかもしれません。

実はそうではありません。実際には自然界で分解されないバイオプラスチックもあります。では、何故それらも「バイオプラスチック」と呼ぶのでしょうか。

バイオプラスチックの種類・用途について誰でも分かりやすくご説明します。

バイオプラスチックとは?

バイオプラスチックは大きく「環境に配慮したプラスチック」というニュアンスで使用されています。実際にはバイオプラスチックには2種類存在するため、この記事で説明します。

BizChem編集部

この記事では以下について解説します

・バイオプラスチックの種類【大きく分けて2種類】

・バイオプラスチックの用途

バイオプラスチックの種類【大きく分けて2種類】

バイオプラスチックは大きく分けて2種類に分類することができます。

  • 生分解プラスチック
  • バイオマスプラスチック

生分解性プラスチック

※分別回収された場合はメタンガス発酵にてエネルギー回収されます

皆さんがイメージしやすいような「自然界で分解されるプラスチック」の事を言います。

定義としては、以下のようになります。

使用時は一般のプラスチックとして使用され、使用後は自然界で微生物などにより水と二酸化炭素に分解されるプラスチック

劣化は生分解ではありません

プラスチックを長期間屋外に放置しておくと、光や熱などによりプラスチックが劣化してボロボロになることがあります。この現象はあくまでも「劣化」であり、「生分解」とは異なります。生分解は微生物により水と二酸化炭素に分解されたことを言います。

バイオマスプラスチック

バイオマスプラスチックはバイオマス(植物由来)から作られたプラスチックのことを言います。

植物由来であるため原料に育つまでに酸素を排出しているため、結果として化石燃料の消費の削減と、大気中の二酸化炭素濃度の上昇を抑える」ことができます

バイオマスプラスチックは、製造された後は通常のプラスチックと変わることなく使用することができます

原料となる植物はトウモロコシやサトウキビなどが主流であるため、食糧不足への影響を懸念されていますが、近年では食用ではないヤシ殻などからプラスチックを得る動きが増えてきています。

バイオマスプラスチックの基準

バイオプラスチックは100%植物由来だけではなく「従来の化石原料+植物由来原料」として部分的に含むケースもあります。日本バイオプラスチック協会では植物由来の原料が全体の25重量%以上であれば、バイオマスプラスチックとして認定しています。

どちらにも属しているパターン

上の図のように、生分解性であり、バイオマス由来であるようなプラスチックも存在します。3大バイオプラスチックの1つと言われるポリ乳酸はこのどちらにも当てはまるケースです。

バイオプラスチックの用途

バイオプラスチックはそれぞれどのような製品として使用されているのでしょうか。

それらの用途についてご説明します。

生分解性プラスチックの用途

生分解性プラスチックは使用後に分解される必要があるため、使い捨てで使用されるようなプラスチック多く使用されています。

主な例として、食品容器・ゴミ袋・農業用マルチフィルムなどです。

バイオマスプラスチックの用途

バイオマスプラスチックは生分解性プラスチックとは異なり、出来上がった後は通常のプラスチックとして使用できるため用途も幅広いです。

主な例として、レジ袋・ペットボトル・衣料用繊維・自動車内装部品・OA機器の部品などです。

皆さんにとって、一番馴染みのあるのはレジ袋ではないでしょうか。環境への高まりから、コンビニやスーパーマーケットなどでバイオマスプラスチックが使用されるようになりました。

まとめ

バイオプラスチックには2種類のものが存在します。「生分解プラスチック」と「バイオマスプラスチック」です。生分解プラスチックは自然界で分解されることができ、バイオマスプラスチックは植物由来の原料から作られます。環境への意識が高まる近年、今後需要は益々増えると思われます。

コメント