誰でもわかる【バイオポリエチレン(PE)】用途・特性

プラスチック・樹脂

バイオプラスチックの中で、一般消費者にも知名度が高いのが「バイオPE(ポリエチレン)」ではないでしょうか。

有料化に伴い注目されるようになった「レジ袋」、今ではそのほとんどのレジ袋にバイオPE(ポリエチレン)が使用されています。

そんなバイオPE(ポリエチレン)について、誰でも分かり易く解説します。

バイオPE(ポリエチレン)とは?

植物由来(バイオマス)の原料を使用して作られたPE(ポリエチレン)のことを言います。

BizChem編集部

この記事では以下について解説します

・バイオPEの概要

・バイオPEの用途

・バイオPEを取り巻く環境

バイオPEの概要

レジ袋を代表するように、バイオPE(ポリエチレン)は多くのシーンで使用されるようになってきました。

バイオPE3大バイオプラスチックの1つとして、国内でも最も需要の高い環境対応プラスチック材料です。

バイオPEはバイオマスプラスチックに分類されます

バイオPEは植物由来(バイオマス)原料から作られるプラスチックです。

植物由来であり、原料に育つまでに酸素を排出しているため、化石燃料由来と比べ「トータルで二酸化炭素濃度の上昇を抑える」ことができます。

このような植物由来(バイオマス)から作られたプラスチックを「バイオマスプラスチック」と呼びます。

バイオPEの製造方法

バイオPE原料はサトウキビです。サトウキビから発酵プロセスにより作られており、糖からバイオエタノールを製造します。その後、脱水→重合することでバイオPEを得ることができます。

通常のPE(ポリエチレン)は石油を原料として、ナフサからエチレンを精製します。その後、重合を経てPEとなります。

バイオPEPEの製法の違いは下の図に示しています。通常のPEの製造に比べ、バイオPEは二酸化炭素の排出量を最大70%削減できると言われています。

バイオPEの用途

こんな所にもバイオPE

バイオPEはレジ袋だけでなく、様々なシーンで使用されています。

主な例としては、レジ袋・食品容器包装・自動車部材・ごみ袋・その他日用品などです。

バイオPEは原料がバイオマス(植物由来)ですが、製造後は通常のプラスチックと変わりません。そのため、現在ポリエチレンが使用されている製品に転用可能です。

今後、バイオプラスチックの生産能力が上がれば、使用される機会も益々増えてくることでしょう。

バイオマスプラスチックのマーク

バイオマスプラスックのマークを下の図に示しました。皆さんも恐らく目にしたことがあるのではないでしょうか。

特に、コンビニがバイオマスプラスチックのレジ袋を導入したことで、2018年頃位からよく目にするようになりました。今ではほとんどのお店のレジ袋に記載されています。

マークが2つありますが、右が「日本バイオプラスチック協会」、左が「一般社団法人日本有機資源協会」が定めたマークになります。

・日本バイオプラスチック協会

バイオマスプラスチックの割合が25%以上であり、協会が定めた基準をクリアすることで得られるマークです。

・一般社団法人日本有機資源協会

バイオマス由来のプラスチックが使われていること。バイオマス度が数字として記載されています。上の図の場合、30%以上バイオマスプラスチックが含まれていることになります。

バイオPEを取巻く市況

バイオPEの国内需要量

バイオPE3大バイオプラスチックの1つであり、現在では国内のバイオプラスチック需要量の内の30%以上を占めています。特に、レジ袋有料化に伴いその使用量は2019年~2020年の間に大幅に増えました

しかし、バイオPEは基本的に国内では生産されておらず、ブラジルのBraskem社からの輸入になります。

バイオPEはBraskem社からの輸入

世界でのバイオPEの生産能力約役20万トン(2018年)程度と言われています。日本だけでなく、そのほとんどの生産はBraskemです。そのバイオPEを日本で仕入れているのは「豊田通商(株)」と「双日プラネット(株))」の2社になります。

これまで、ブラジルからのバイオPEの輸入には関税(税率2.6%)が掛かっていたのですが、20194月に暫定措置としてバイオPEの輸入関税が撤廃された。この輸入税率撤廃が、近年のバイオPEの国内需要量拡大に大きく寄与しました。

バイオPEの価格帯

バイオPEの価格は約170200/kg2019年)と言われています。現在の石油由来のPEと比較すると1.21.3倍程度です。

今後、バイオPEの生産能力が向上すれば、益々の需要拡大が見込まれています。

コメント