【3分で企業研究】積水化学を簡単に解説!気になる年収・採用について

キャリアアップ

積水化学工業は平均年収870万円(平均44歳)の超優良企業です。総合科学メーカー大手で、住宅や高機能樹脂、インフラなど幅広い分野に貢献している企業です。

  • 積水化学に就職・転職したい!
  • 化学メーカーに興味がある!

そんな、就活生・転職活動中の方に向けて「簡単にわかりやすく企業研究」できる様に情報をまとめました。

積水化学工業のここがポイント

積水化学工業は住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチック、メディカルの4つの事業を展開しています。自社で工場生産住宅の「セキスイハイム」を販売
自動車ガラス用中間膜や液晶用微粒子などが高いシェアを誇ります。注力しているメディカル事業は岩手とイギリスで工場を増強中です。

以下の記事では現役研究職の筆者が「実体験を基におすすめの転職エージェント」を紹介しています。転職にお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。
化学系おすすめ転職エージェント・サイト7選|徹底比較

スポンサーリンク

積水化学工業の採用情報

上述した通り、積水化学工業は平均年収870万円の魅力的な企業です。有給取得日数も高く、残業も少なめで、非常にホワイトな企業です。

採用人数(修士・大卒)79人
有給取得年平均11.2日
平均年収(平均44歳)870万円
残業(月平均)15.6時間
初任給(博士)276,750円
初任給(修士)242,000円
初任給(大卒)225,500円
スポンサーリンク

積水化学工業の事業内容

出典:積水化学工業統合報告書2022

積水化学工業は住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチック、メディカルの4つの事業を展開しています。住宅においては、積水ハウスの母体ですが、自社で工場生産住宅の「セキスイハイム」を販売しています。

高機能プラスチックでは、自動車ガラス用中間膜や液晶用微粒子などが高いシェアを誇ります。注力しているメディカル事業は岩手とイギリスで工場を増強中です。

高機能プラスチックカンパニー

出典:積水化学工業統合報告書2022

エレクトロニクス分野

半導体需要が世界的に高まる中、積水化学の半導体関連製品も好調に推移しています。その中でも、半導体製造工程で使用される「耐熱セルファ(微細化する半導体に対応)」や、電子部品で使用される「層間絶縁フィルム(高い伝送性能や基盤反りを抑制)」は確実に需要が拡大しています。

更に、これまでに液晶向け製品の開発・販売で培った技術を活かし、次世代ディスプレイ向けの新製品開発・市場参入などを通じて強化を図っています。

モビリティ分

自動車の電動化・自動運転化に伴い、更なる成長を狙っています。モビリティ分野の主軸である「ガラス用中間膜事業」は高付加価値へのシフトすることで収益化向上を図っています。

高付加価価値を付与した中間膜の一つがヘッドアップディスプレイ用くさび膜です。走行時に速度や車線に関する情報をフロントガラスに表示します。近年、採用するクルマが急増。

通常のフロントガラスでは、光の屈折で映像が2重になって見えるという問題が発生してしまいます。断面をくさび形にすることで光の屈折を制御、画像をクリアに映すことができます。

積水化学では、独自の多層押出成形技術とナノ分散技術によって、このくさび形中間膜に遮音・遮熱機能を付加しています。

出典:積水化学工業HP

住インフラ材分野

半導体需要の高まりから、製造業の設備投資が増加。これに伴い、耐熱・耐腐食性能に優れたCPVC樹脂の採用が増えてきています。

CPVC(Chlorinated PolyVinyl Chloride) 樹脂は、塩化ビニル(PVC)に塩素を付与することで、塩ビ本来の優れた性能を維持したまま、耐熱性を向上させた樹脂です。

耐熱性が求められるような、給湯用・工業用・スプリンクラー用の配管材などインフラ設備の原料として使用されています。特に、経済成長に伴う建築需要が盛んなインドでは高いシェ アを獲得しています。

住宅カンパニー

出典:積水化学工業統合報告書2022

1971年に、第1商号となる「セキスイハイムM1」を発売。以降、短工期で、設計通りの性能を実現する高度工業化工法の「ユニット工法」に特化した住宅事業を展開しています。現在では累積60万棟以上を販売しています。

1997 年には太陽光発電システム搭載住宅を販売。2012年には蓄電池を標準搭載した「スマートハイム」を市場に投入するなど、エネルギーを自給自足できる住宅の開発を進めてきました。また、2021年度には、新築戸建住宅におけるZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)の比率が 89%を達成

※ZEH「エネルギー収支をゼロ以下にする家」という意味です。家庭で使用するエネルギーと太陽光発電などでつくるエネルギーをバランスして、年間で消費するエネルギー量を実質的にゼロ以下にする家の事をZEHと呼びます。

Tips

どちらの会社も積水化学工業が発端ですが、積水化学工業から独立して事業を構えているのが積水ハウス、積水化学工業内に現在設立されているのがセキスイハイムです。

環境・ライフラインカンパニー

出典:積水化学工業統合報告書2022

配管・インフラ分野

住宅やビルなど建築物向けの給排水管や空調配管、工場向けのバルブや上下水道・ガスなどインフラ向けの配管資材を取り扱っています。

従来から強みだった耐震性・耐腐食性に加え、耐圧・高排水などの機能性を強化しています。そうすることで、金属代替の推進を行っています。

機能材料分野

合成木材FFU製まくらぎや防音材料、内装材向け成形用プラスチックシート、液体輸送用容器を販売しています。

海外を含め市場拡大が見込まれており、航空機・鉄道・医療向け高付加価値製品の強化を進めています。

建築・住環境分野

ユニットバスや樹脂畳などの内装向け資材。雨とい・たてとい・エクステリアなどの外装向け資材を販売しています。介護や自立支援設備など成長性のある製品に尽力しています。

出典:積水化学工業統合報告書2022

メディカル事業

出典:積水化学工業統合報告書2022

検査事業

生化学・免疫・糖尿病・血液凝固など、各種領域の検査薬や分析装置、真空採血管などを開発・製造・販売しています。

生化学・糖尿病・血液凝固検査は品質面で優位性があるため、高い市場シェアを持っています。

医療事業

国内外から多様な原薬の製造開発を受託しています。製薬企業の開発業務・原薬製造業務の外注化加速により幅広い領域での供給体制が必要になります。

そのため。2020年8月には国内外主要2工場の生産設備増強を決定しました。

コメント