[誰でもわかる]「~するために」 to / in order to / so as to の違い

図解で文法解説

英語では日本語の訳が同じでも、「ニュアンスが異なる」「使う場面が異なる」というものがたくさんあります。

今回は日常会話やビジネスでもよく使う「~するために」を表す、to / in order to / so as toの違いを解説します。

BizChem編集部

この記事で分かること

・to / in order to / so as toの違い

・to / in order to / so as toの具体的な使い方

まずは30秒でざっくり違いを理解

to / in order to / so as to の日本語訳はいずれも「~するために」ですが、微妙に使い方が異なります。抑えるポイントは以下の5つだけ。

to / in order to / so as to の違いはこれだけ理解

1.基本的な使い方はすべて同じ。

2.意味はすべて同じで「~するために」

3.in order to と so as to はより明確に、「~するために」を意味する。

4.so as to はより口語的な表現。文頭では使えない。

5.in order to は文頭でも使える。

つまり 「to」は不定詞で多くの意味があるため、目的を表す「to」であることを明確にしたいときには、「in order to」「so as to」を使う。

そのため、これらの意味は基本的に同じです。

例文で使い方の違いを理解

例文1:I had to fill out loads of forms in order to get a visa.

訳:ビザを取得するために山ほど書類を書かなくちゃならなかった。

例文2: I suggest we leave around 6:30 so as to ensure we get good seats.

訳:いい席とるために6:30くらいに出発しようよ。

例文3: To protect the urban wildlife, she joined the conservation activities in the town.

訳:都会の野生生物を守るために、彼女は街の保護活動に参加した。

英文は1億人の英文法から引用

まとめ

今回は to / in order to / so as toの違いを説明しました。今後も日本語訳が同じでもニュアンスが異なる言葉を紹介していくので、是非参考にしてください。

コメント