【化学系研究職の実体験】転職活動にかかる期間は?転職活動スケジュール

キャリアアップ

化学系メーカーは比較的ホワイトな会社が多く、人気の転職先です。そんな化学系メーカーへの転職を考えている人必見

  • 化学系メーカーで働きたい!
  • どのくらいの期間が掛かるの?
  • そもそも何から始めたらいいの?

化学メーカーの研究職に転職した私が、「転職にかかる期間・スケジュール」について解説します。私自身が実際に経験した「スケジュールや何社受けた」かも記載していますので、是非参考にして下さい!

この記事を書いた人

中堅化学メーカーで製造・研究開発・営業を経験。営業期間が長く、研究開発に戻りたいという思いから転職活動を開始。業界最大手の化学メーカーへ転職し、年収150万以上アップに成功しました。実体験を基にキャリアアップに関わる情報を発信。

スポンサーリンク

平均的な転職期間は?

転職する希望の条件にもよりますが、平均的な転職期間は「3〜6ヶ月程度」と言われています。

これは、化学業界への転職についても、大きな違いはありません。しかし、直接化学業界を担当しているエージェントからの情報では、近い業種への転職や、研究職→研究職など条件がマッチする場合、時期はより早まる傾向にあるようです。

一般的な転職スケジュール

一般的な転職の目安を以下に示します。初めに、「転職サイトへの登録」が第一ステップです。そこから、転職業界の「情報収集」や「履歴書・職務経歴書」などの書類作成が必要になります。

その後、「求人応募」して、「適正検査→面接」の流れになります。内定が出れば、そこから「内定承諾」、「退職交渉→業務引き継ぎ→退職」となります。

一般的な転職スケジュール

筆者が経験した転職スケジュール

私が経験した、転職のスケジュールはざっと以下に示しました。私自身は「研究職で、今より条件が良い会社」を軸に、気長に行ったため半年程度かかりました。

筆者が経験した転職スケジュール

特に、書類選考については一般的には2〜3週間程度と言われていますが、個人的にはもう少し時間をかけても良いかなと思います。それは、転職エージェントを利用していて、職務経歴書の完成度が高ければ「企業スカウト」が来るようになるからです。

「企業スカウト」からの求人を受けると、より選考の通過率も上がります。私自身も内定は全て企業スカウトからだったので、やはり書類作成には力を入れることをおすすめします。

スポンサーリンク

転職活動は在籍中or離職後どちらが良い?

リクナビNEXTが実施した、転職成功者へのアンケートでは「会社に在籍しながら転職活動した人」は63%という結果が出ています。在籍しながらの転職活動の方が多い結果です。

個人的にも「在籍しながらの転職活動」をおすすめしています。会社を辞めていると、面接などの自由は効きますが、金銭面や社会へ属していないなどの不安から、焦りが生じてしまいます。

焦った結果、内定の出た会社に飛びついてしまい「本当に望んだ転職ではなかった」と言った事態にもなり兼ねません。

そのため、もし今の会社が「辛くてどうしても辞めたい」という訳でないなら、もう少し頑張って在籍してみるのをおすすめします。

Tips

私自身も転職活動は「在籍しながら」でした。現在の会社に内定が決まる前に、1社受かっていたのですが、もしも離職した状態で転職活動していたらその会社に行っていた可能性が多いと思います。焦りから冷静な判断ができなくなることも多いので注意しましょう。

スポンサーリンク

何社で受かる?受ける数の目安は?

一般的な転職における選考通過率は、書類選考→一次面接→最終面接までがそれぞれ30%程度。最終面接を通過して内定がでるのが50%程度です。

おおよそですが、書類選考を22社、面接を6社程度受けて、内定1社獲得です。あくまでも平均的な通過率なため、業種や時期にもよります。

一般的な選考通過率

私自身は、書類選考15社程度、面接5社、内定2社でした。化学系で専門職と言うこともあり、少し平均よりは良いイメージですね。

年収はどの段階で知ることができるの?

目安の年収は求人の段階で知ることができます。ただし、実際にあなたが得られるであろう理論年収は、内定後に通知されます。

何故なら、会社側も「あなたを採用する」と決定してから、社内稟議を通したうえで、職業ランク・年収を確定させるためです。

面接時に確実な年収を知りたい、と言う人も居るかもしれませんが、こればかりは仕様が無いです。

受かってからも辞退できるの?

転職活動の準備ができて、いざ面接に進む段階になった際に気になる方も多いのではないでしょうか。

内定が出てからも、こちらから「承諾」をしなければ採用辞退することは可能です。「やっぱり今の会社に残ろうかな」とか「思っていた待遇と違ったな」と思うこともあるはずです。

そんな時は、丁寧に辞退すれば大丈夫です。

コメント